キャラクター


登場人物

坂本龍馬(さかもと りょうま)

CV:黒田崇矢
土佐藩郷士で、本作の主人公。
土佐でも最も身分の低い「郷士」の生まれ。
武市半平太ら同じ境遇の若者たちが藩を変えるべく奔走する中、自分の成すべき事を見出せず苦悩している。
だがその剣の腕は土佐でも随一で、江戸での剣術修行を許されるほど。
その剣の腕を見込まれ吉田東洋、武市半平太とともに、藩の改革に向けて動き出すことになるが、すべての準備が整った革命前夜にある事件が起き、龍馬の人生は大きく動き始める。

斎藤一(さいとう はじめ)

CV:黒田崇矢
新選組三番隊隊長
出生の全てが不明で、本名すら定かではない謎の浪人。
酒と博打に明け暮れる世捨て人のような暮らし振りで定宿「寺田屋」の女中からはいつも嫌味を言われている。
しかしその正体は吉田東洋の殺害犯を追うために名を捨て、京に潜伏している坂本龍馬その人である。
一年に渡る執念の調査の結果、全ての謎が新選組にあると察した龍馬は、独り血に飢えた狼の群れに足を踏み入れるのだった。

徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)

CV:徳重聡
江戸幕府第十五代征夷大将軍

沖田総司(おきた そうじ)

CV:宇垣秀成
新選組一番隊隊長
幕末最強を誇る新選組の中でも最強と呼ばれる男。
強い相手と命を賭した闘いに臨むことが何よりの喜びであり、沖田に斬られた志士の数は計り知れない。
その結果浅葱色の羽織は返り血で汚れ、禍々しい雰囲気をまき散らしている。
その圧倒的強さ故に、厳格な新選組の隊規をないがしろにできる唯一の男であり土方も沖田だけは制御しきれずにいる。
血染めの羽織に眼帯、そして奇抜な髪形。
そして自らを「美少年」と称してはばからない厚顔無恥なこの男。沖田が土佐一の使い手龍馬と出会った時……
どちらかの血が流れるのは免れない。

近藤勇(こんどう いさみ)

CV:船越英一郎
新選組の頂点「局長」であり、本来無法者の集団に過ぎない新選組を一大組織へまとめ上げた希代の手腕を持つ男。
しかし新選組の屯所には滅多に姿を現さず、隊長格でさえ近藤の顔を見たことがない、という者がいるほど。
そのため、近藤については隊士の間でも噂が絶えず、「昼間から遊郭で飲み明かしている」と言う者もいれば「近藤は実は既に死んでいる」などと言う者もいて、憶測が飛び交っている。
果たして、龍馬の前にこの男が姿を現わす時は来るのか……

土方歳三(ひじかた としぞう)

CV:中村獅童
新選組副長
新選組のNo.2である副長として、常に不在の近藤に代わり組の実務を取り仕切る。
その支配体制は「法度」と呼ばれる掟を作り、それに反した隊士を容赦なく処分するというもので隊長といえど土方に逆らうことは許されない。
その冷酷さと滅多に表情を変えない鉄面皮から、隊士の間では密かに“鬼の副長”とあだ名されている。
戦闘では先陣切って刀を振るい、敵を片っ端から斬りまくる。
その様子は正に鬼そのものであり、強さが全ての新選組において隊士を束ねる大きな拠り所となっている。
新選組の門を叩いた龍馬に対して、土方はある提案をする。それが龍馬の人生のみならず、日本の行く末にも大きな影響を与えることになる。

伊東甲子太郎(いとう かしたろう)

CV:高橋ジョージ
新選組参謀
新選組のNo.3。直接戦闘には加わらず、隊の戦略立案や指揮を執ることに特化した立場で新選組の頭脳と言える。
丁寧な態度や言葉遣いとは裏腹に、常に他者を出し抜くことを考えており新選組をいずれ自分のものにすべく隊内での政治工作を進めている。
伊東の誘いに乗り、隊長の中にも伊東派になびいた者がいるという。
表面上は土方の命令に従っているが、両者が激突する日は遠くない。

永倉新八(ながくら しんぱち)

CV:小山力也
新選組二番隊隊長
土方らに並ぶ剣の使い手であり、新選組の中でも最古参幹部の一人。
その巨木のような腕から繰り出される一撃は敵を両断してしまうというほどの豪剣。
私利私欲まみれた者達がひしめく新選組において、近藤の理念実現のために忠実に任務を果たし続ける仁義の男。
永倉が近藤に忠誠を誓うのは、過去にあった「ある事件」がきっかけで近藤に強い恩義を感じたからという。
しかし、それがどのような出来事だったのかは明らかにされていない。

松原忠治(まつばらちゅうじ)

CV:東地宏樹
新選組四番隊隊長
新選組隊長の中では比較的最近隊長に格上げされた男。
非常に生真面目な性格で、勤王志士や不逞浪士の討伐に誰よりも熱心に取り組んでいる。
そのため他の隊長の不真面目な勤務態度に憤っており、この不満がどのような形で爆発するか、予断を許さない状況になっている。
街の情報屋と密談している所を目撃した隊士がいたらしいが、これが何を意味するのかは今のところ不明である。

西郷吉之助(さいごう きちのすけ)

CV:岩崎征実
薩摩藩軍賦役

吉田東洋(よしだ とうよう)

CV:石塚運昇
土佐藩 参政
土佐藩の大殿・山内容堂の懐刀と呼ばる切れ者で、名実ともに藩の中心人物。そのため表向きは土佐において最も厳格な支配者であると見なされ、恐れられている。
しかし、それは表向きの顔に過ぎない。真の彼は正義感に溢れた情に厚い男であり、この理不尽な支配体制を誰よりも憎んでいた。
東洋は、差別を受け親を失った下層階級の子供たちを引き取り、密かに支援する活動を長年続けてきた。
すべてはこの藩を変える人材を育むために。そうして育った一人が坂本龍馬であり、その兄貴分である武市半平太だった。
革命前夜、凶刃に倒れた東洋。その死は龍馬と武市、二人の“息子”の人生を大きく狂わせていく……。

岡田以蔵(おかだ いぞう)

CV:中谷一博
土佐勤王党
寡黙だが、常にその眼に殺気を宿す危険な男。武市を慕って土佐勤王党へ参加したが、武市へ抱く気持ちは心酔に近い。
その剣の腕から勤王党の中でも一目置かれる存在であり、龍馬が就いた“筆頭”の座は以蔵にこそふさわしいという声もあった。
そのため以蔵は出世を横取りされたと恨み、江戸から帰った龍馬と敵対する。この岡田以蔵こそ龍馬が出会う最初の強敵であり、その因縁は、龍馬の長い旅路の中で幾度となく二人を巡り合わせることになる。

中岡慎太郎(なかおかしんたろう)

CV:山路和弘
土佐藩士
どことなく気だるそうな雰囲気を持つ男。しかしその眼は鋭く輝き、物事の本質を見抜く力を備えている。
そんな中岡も、吉田東洋の死の真相を追っていた。中岡は東洋の付き人であり、その死によって人生を大きく狂わされたのだった。
東洋殺害の容疑者である龍馬は、中岡にとって憎むべき存在。しかし「事件の真相解明」という目的を同じくする二人が出会うとき、男たちは唯一無二の協力者になってゆく。

謎の情報屋

CV:藤原喜明

佐々木只三郎(ささきたださぶろう)

CV:西 凛太朗
京都見廻組

井上源三郎(いのうえ げんざぶろう)

CV:咲野俊介
新選組六番隊隊長

原田左之助(はらださのすけ)

CV:安元洋貴
新選組十番隊隊長

新堀松輔(にいぼり まつすけ)

CV:山寺宏一
長州藩士

武市半平太(たけち はんぺいた)

CV:高橋克典
土佐勤王党 盟主。
龍馬と同じ境遇に生まれ、幼い頃から龍馬を守ってきた兄弟分。ともに吉田東洋に見込まれ、支援を受けて成長した。
東洋の支援により先進的な学問を修め、それを吸収する高い知性を備えるが、才気走ったところがなく器の大きさを感じさせる男。
剣をっても土佐最強と謳われる龍馬に匹敵するほどの腕前。土佐勤王党はそんな武市を慕って参加した者も多い。
江戸から帰った龍馬を土佐勤王党へ招き、盟主に次ぐ席である“筆頭”を任せるほど龍馬とは深い信頼関係にある。
しかし、育ての親・吉田東洋の死を巡り、龍馬と武市は初めてそれぞれ違う道を歩むことになるのだった……。

おりょう

CV:桜庭ななみ



コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-10-11 12:53:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード